「PG101アイアン」

競技志向のゴルファーに熱烈な支持!
ロングセラーをつづける”現場に強いアイアン”

2009年に発売されて以来、マイナーチェンジを繰り返しながら、ゴルファーに支持されつづけているアイアン。
大きなポケットキャビティ形状によりミスの許容範囲が大きく、それでいて上級者が求める操作性の高さを両立しています。
軟鉄一体成型で作られたヘッドは打感が良く、丸みのあるソールの抜けの良さも評価されています。
シリアスゴルファーがアイアンに求める多くの機能を満たしたモデルです。

タイトル「詳細」

ポイント1

大きなポケットキャビティにミスの強さ

パーツ系アイアンとしては珍しいポケットキャビティ形状。打点のブレに強く、スコアメイクに大きく貢献してくれます。
重心が低く深い位置に設定し、慣性モーメントの大きさとボールの上がりやすさもやさしく打てる秘密です。

ポイント1写真
ポイント2

強めのバウンスソールと抜けの良さ

やや広いソールは、丸みを持たせてあり、抜けの良さにこだわった形状。
各番手のバウンス角を大きめにし、芝の上からやさしく打ててミスに強く、しかも抜けがいい。
ラウンドで使ってこそ性能を発揮する”現場に強い”アイアンです。

ポイント2写真
ポイント3

操作性の高さとスッキリとシャープな顔

セミグースでありながら、コンパクトでスッと構えられるスッキリとした顔。
2015年モデルでは、トゥ側側面の厚みを薄くし、ソールのトゥ側の幅も少し狭くするマイナーチェンジを行いました。それによりさらにシャープな顔になり、操作性が向上しました。
やさしいアイアンでありながら、上級者も安心してテクニックを使える汎用性の高さが特徴です。

ポイント3写真
ポイント4

軟鉄一体成型による打感のよさ

現代のポケットキャビティアイアンの多くは、別に作られたボディとフェース素材を溶接して製造されるものがほとんど。複合素材によるヘッド構造は、打音や打感の違いを生み、製品の均一性も確保できないとP-tuneは考えます。

「PG101」はあくまでも一体成型にこだわり、ポケット形状でありながら、軟鉄ならではのマイルドな打感を実現しました。

ポイント4写真
ポイント5

異例の超ロングセラー

2009年にソフトステンレス製の初代モデルが発売されて以来、現在のゴルフ業界の常識からは異例のロングセラーを継続中。
2011年に軟鉄製にマイナーチェンジしてからも、競技志向のゴルファーを中心に、”現場に強いアイアン”として高い評価を受けています。

ポイント5写真

タイトル「スペック」

  #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW
ロフト角 22 25 28 31 35 40 45
ライ角 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5
フェイスプログレッション 2.75 3.0 3.25 3.5 3.75 4.0 4.25
ソールアングル 2.5 3 3.5 4 4.5 5 5.5
ネック外径 13.5
ネック内径 9.2
ネック穴長 30
定価(税別) #5~#P・・・90,000円、#4・・・15,000円